授乳枕にも抱き枕にもなる枕をゲット!赤ちゃんのお座りにも

      2016/03/17

600-f8

妊娠中はお腹が大きくて寝るのがツラかったのですがそんな大きなお腹をサポートしてくれたのが抱き枕。

抱き枕は妊娠中に買ったのですがほんとにおススメです。私はつわりがひどかったのですが立っていられなく体をちょっと休めるときも抱き枕にくるまって(?)休んでいました。

お腹が大きくなってくると腰が痛かったのですが抱き枕をすると軽減するので抱き枕なしでは寝れませんでした^^;

今はカバーが取り外して洗濯できるものも多いし抱き枕&授乳枕にもなるタイプもあるので産後も使えるし赤ちゃんが大きくなって来ればお座り椅子としても使えるのでかなり長く使えます。

授乳のときは高さがあるタイプのほうが新生児の時は便利かも。最近は高さが調節できる授乳枕もあるので便利ですね。

「授乳用クッションはいらないよ~」「座布団を二つ折りにして使えば充分」という先輩ママさんもいるのですが私はあってよかったです(義母に「なにそれ?私たちの時代にはそんなものなかったわよ」と言われましたが(^^;)

あと使っていくうちにへたりが出てしまうのでちょっといいものを買った方がいいかも。赤ちゃんはミルクを吐いたりするときがあるのでカバーが取り外し出来るのも必須です。

育児グッズっていろいろあるし「あったら便利」っていうものが増えましたよね~。もちろんなければないなりに過ごせるし工夫もするかと思うんですが自分があって便利でそれがあれば楽できるなら買ってもいいんじゃないかなって思います。楽できるというと語弊があるかもしれませんがママと赤ちゃんが快適に過ごせるのがいちばんだと思うんです。

私がお腹が大きかった時に無意識にしていた抱き枕を抱いた寝方ですが「シムスの体位」というらしいです。

シムスの体位は「肩・腰・脚」の負担をやわらげてリラックスして眠ることが出来る体位。プラス抱き枕の安心感があったんですね。

抱き枕がない場合は脚に座布団やクッションなどをおいて足を少し高くしてあげると効果的です。むくみが改善されますよ。

妊娠中はなかなかぐっすり快眠というのが難しかったです。妊娠初期はコワい夢もよく見ました・・・(´・ω・`)

きっと心と身体が変わっていって精神的に不安定な部分があったからでしょうね。

妊娠中は睡眠薬(睡眠導入剤)などは飲めません。夜ぐっすり眠れなくても私はあまり気にしないことにしました。

その分開き直って昼寝をしたり。眠りは浅いのに妊娠中の睡魔はいくら寝ても寝たりなかったですね。

 

こちらもおススメ

 - 未分類